« Second Life■Second Life再入門 2018-2(下書き) | トップページ | Second Life■Scond Life再入門 2018-4(下書き) »

2018年1月 9日 (火)

Second Life■Second Life再入門 2018-3(下書き)

§2 アカウントの取得

 second lifeのアカウントはオフィシャルサイトで取得できます。
 サイトを表示したときに英語の表記になっていたらlanguageで日本語にできます。
「無料で参加」のボタンを押すと初期アバターを選択する画面になります。
「新アバター」「クラシック」「ファンタジー」の3ジャンルに複数のアバターが用意されていますので、好きなものを選択して次に進みます。
 初期アバターを選択するとユーザー名を登録します(この画面でアバター選択に戻ることもできます)。
 まだ使われていない有効なユーザー名であれば次の画面に進みます。ここではメールアドレス、生年月日(生年月日を偽って登録する場合もあるかもしれませんが、Second Lifeのメイングリッドは16歳以上となっていますので、それ以上の年齢になるようにしてください。またアダルトエリアには18歳以上でなければ入れません)、パスワード、秘密の質問とその答えの入力(質問は英文になっていますが、国内のサイトでもよく使われている内容ですので難しくないと思います)、利用規約への同意のチェック等を行います。またFacebookで接続することもできます。入力に問題がなければ「アカウントを作成」ボタンを押します。
 作成を押すとフリー(ベーシックアカウント)とプレミアム(有料会員)、ふたつのコースから選択する画面になります。プレミアムアカウントを選択するとクレジットカードの登録も必要になります。
 プレミアムアカウントではリンデン公用地に「リンデンハウス」という自宅が持て、プレミアムアカウント専用のサンドボックス(もの作り場)の使用、リンデンによって作られたSIM(島)の集合体である大陸・メインランドの土地の購入などができます。
 プレミアムアカウントにはあとからでも、いつでも変更できますのでまずはフリーのベーシックアカウントで始めてみるのがいいでしょう。
 コースを選択するとSecond Lifeビュワーのダウンロードとインストールが求められます。ビュワーをインストールしていない場合はここで公式ビュワーをインストールしましょう。
 これでアカウント取得ができました。ビュワーを起動してSecond Lifeを始めましょう!
※2007年7月の日本語版スタート当初は1メールアドレスに付き1アカウントとなっていました。そのため複数のアカウントを所有するためにたくさんのメールアドレスを作ったというユーザーもいました。現在は1メールアドレスに付き5つまでのアカウントが取得できます。

Aya2017_085b

|

« Second Life■Second Life再入門 2018-2(下書き) | トップページ | Second Life■Scond Life再入門 2018-4(下書き) »

Ssecond Life」カテゴリの記事

コメント

余談ですが「秘密の質問とその答え」は様々な局面で本人確認に使われると思うので忘れないように必ず控えておいた方がいいと思います。
例えば問題が発生した際サポートにチケットを切るときに質問されます。

投稿: 通りすがりん | 2018年1月10日 (水) 02時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247702/72648408

この記事へのトラックバック一覧です: Second Life■Second Life再入門 2018-3(下書き):

« Second Life■Second Life再入門 2018-2(下書き) | トップページ | Second Life■Scond Life再入門 2018-4(下書き) »