« Second Life■Scond Life再入門 2018-4(下書き) | トップページ | Second Life■Second Life再入門 2018-6(下書き) »

2018年1月11日 (木)

Second Life■Second Life再入門 2018-5(下書き)

§4 Second Lifeビュワー

 Second Lifeは専用のクライアントビュワーでプレイします。
 アカウント取得時にダウンロード、インストールしなかった場合でも、オフィシャルサイトからダウンロード画面に飛ぶことができます(サイトの一番下の方にあります)。
 Second Lifeのビュワーにはリンデン・ラボ公式のものと、ユーザーによって改良されたサードパーティービュワーの二種類があります。当初公式ビュワーのプログラムは公開されていて、誰でも自由に手を加えることができました。しかしユーザー情報を盗むような悪質なものが作られたりして、現在ではリンデン・ラボ公認のものだけがログインできるようになっています。
 公認制になった時点でサードパーティー独自の機能が薄れて公式ビュワーと大差のないものになった印象もありますが、公式にはない「あったら便利」という機能が付加されていたり、ビュワー自体が公式より動作が軽かったりするので、サードパーティービュワーを愛用しているユーザーも多いのです。
 ここでは公式ビュワーに沿って説明していきます。
 アバターを動かすことに関してはソーシャルエリアで学びましたが、ビュワーの機能自体はほかにもいろいろあります。
 画面の下と左にアイコン(ツールバーのボタン)が表示されていて、フレンドリストなどを表示する「人」、「インベントリ」、「地図」、「スナップショット」などがデフォルトで出ていると思います。このアイコンを右クリックするとプルダウンメニューが出て、アイコンのみの表示やテキスト表示、表示するアイコンのカスタマイズなどの項目があります。
 めったに使わない項目は非表示にしておいてもいいでしょう。
 またこのアイコンは左右、下部にドラッグで再配置できます。
 画面上部左側にも「ミー」「コミュニケーション」「世界」「制作」「ヘルプ」「アドバンス」といった項目が並んでいます。
 クリックするとそれぞれプルダウンメニューが開きます。
「ミー」にはプロフィールやインベントリ、環境設定などの項目が含まれます。
「コミュニケーション」にはチャットやフレンドリスト、加入しているグループなどの項目があり、FacebookやTwitterといった外部サイトにも直接投稿ができます。
「世界」には世界地図やミニマップのほか、現在地のランドマーク取得、スナップショット、場所のプロフィールや土地情報、太陽の位置設定などが含まれます。
「制作」は文字通りSecond Life内の制作に関する項目がまとめられています。
 右側にはメディアに関するボタンがあり、音量調整などができます。また時計が表示されていますが、これはSecond Lifeの標準時となっています。「PST」と表記されていてリンデン・ラボ社のあるアメリカ西海岸時間に設定されていてます。日本時間とは17時間の時差があります。
 それらの項目の下にはいまいる場所の名称と座標(SLURLと呼びます)が表示されています。またお気に入りの場所のランドマークを登録しておく「お気に入りバー」があり、ここにランドマークを登録しておくとインベントリから探す手間が省けます。

Aya2017_081b

|

« Second Life■Scond Life再入門 2018-4(下書き) | トップページ | Second Life■Second Life再入門 2018-6(下書き) »

Ssecond Life」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1247702/72664623

この記事へのトラックバック一覧です: Second Life■Second Life再入門 2018-5(下書き):

« Second Life■Scond Life再入門 2018-4(下書き) | トップページ | Second Life■Second Life再入門 2018-6(下書き) »